HOME >>

インプラント矯正歯科の歴史 by歯医者に言わせろ!へようこそ!

インプラント矯正歯科の歴史 by歯医者に言わせろ!へアクセスしていただき、ありがとうございます。

インプラント矯正歯科の歴史 by歯医者に言わせろ!

昔日本の平均寿命がとても短かったのです。そして、明治・大正・昭和と急激な高度経済成長により、人工が増え食べ物も豊になってきました。

それに伴い、人間の寿命は医療の成長も重なり、80年とも90年とも言われる様になり、かなりのびてきていますが、その反面、歯の寿命はほとんど変わることないのです。

上顎の第一臼歯が58年、第二臼歯が51年、下顎の第一臼歯が53年、下あごの第二臼歯が50年言われており、ほとんど変化が無いとのことなのです。

そ人間の歯は、子供の頃に一度だけ生え変わり、その後は永久歯として、一生同じのもを使用して生活していきます。

動物界では、さめ等は何度も歯が生まれ変わることで有名ですが、人間もその機能があればとよく思うものなのですが、実は人間は昔から人間の歯の並び方の悪さを治そうとすることに興味を持ち続けているのです。それは歯科の歴史から見ても良くわかります。

人間は並びが悪いことで、自分の顔の形や雰囲気を損ねてしまうと言うことを、昔から知っており、歯を青したり、入れ歯などの代わりの物を入れて生活してきたのです。

ちなみに、今では、歯を失う原意年として、「虫歯」「歯周病」の二つだといわれているのですが、30歳を過ぎたころから、歯周病が最も歯を失う原因になると言われていますが、一般に容貌を整えたいおいう希望や欲求から、歯並びや歯の復元等の技術が向上したのは言うまでもありません。

インプラント矯正歯科の歴史 by歯医者に言わせろ!記事一覧

インプラント矯正歯科の歴史 by歯医者に言わせろ!

当サイトについて

矯正歯科・インプラントの歴史

インプラント矯正歯科の歴史 by歯医者に言わせろ!へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。