HOME >> 矯正歯科・インプラントの歴史 >> これから歯医者が行う治療の方法について・

これから歯医者が行う治療の方法について・

img31

 

義歯〔入れ歯〕治療 失った歯の本数が多くなると

残った歯では支えきれないため

義歯による成城学園前 歯医者の治療となりました.

 

違和感が大きく髪の毛が口の中に入ったのが

わかるほど敏感な口の中では不快に思う方も多いのでしたが,

入れておかないとより残存しています歯牙に

負担がかかったり,噛み合わない歯が出てくると

 

その歯は傾いて,飛び出たりと噛み合わせを狂わせ,

顎関節症の原因にもなりました.

 

歯医者でも行っているインプラント治療現在

選択できる治療としては両脇の歯を削らない,

 

取り外しの必要がない等等最良の選択肢となっておりましたが,

健康保険が適用されない等等費用が高額ということと,

 

局所麻酔ではありましたが,手術が必要なことがデメリットでした.


インプラント矯正歯科の歴史 by歯医者に言わせろ!へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。