HOME >> 矯正歯科・インプラントの歴史 >> 最先端の技術をインプラントの名医でも挑戦し取り入れる・

最先端の技術をインプラントの名医でも挑戦し取り入れる・

img37

 

日本ではそういった数少ない、世界レベルで

治療できるインプラント医なのです。

 

自分の腕自慢したいだけなら、ちょっとやってみて

出来たから治療内容に出す者とは、必然的に違うのです。

 

切らないだけでなく、剥さない、だから痛くないという

MIインプラントを安全にするにはやっぱり技術が必要なのですね。

 

インプラント治療の話といえば、インプラント 名医 東京でも

取り入れているのだが、低浸襲の医療は21世紀の治療のなかで、

必然的要求となって来ているのです。

 

もちろん、腹部の外科手術でもそうだが切って開いて

する手術するのではなく、ピンホールを数箇所穴を

空けてやる方法がかなり実践でも増えてきました。

 

ダイエーの王元監督が手術を受けたのも、

そう言う新しい概念の最先端技術で手術で

行われた事が話題になった要素ですね。

 

今や、外科手術は如何に患者さんの体に

傷を付けないのか、そして負担を掛けないのか、

と言う方向になっているのです。


インプラント矯正歯科の歴史 by歯医者に言わせろ!へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。