HOME >> 矯正歯科・インプラントの歴史 >> 嫌がる治療から歯科ではしたくなる治療へ・

嫌がる治療から歯科ではしたくなる治療へ・

img47

 

歯医者さんにいらっしゃるような患者さんも、

歯科でもそうなのですが、年齢に近い方が

治療をしに集まる傾向があるので、

それは年配の先生の方が本当に

年配の患者さん、つまり歯の入れ歯を入れている方を

診察等で多く診ているはずです。

 

そういった入れ歯の症例を多くこなした方が、

もちろん作成も調節も上手になりますので

そういった意味でいいのでいいのではないでしょうか。

 

歯科ではしっかりと経験をつんだ先生が作成しているのです。

 

しかしながらちょっと特別で、それほど年は

とっていませんが、成城学園 歯科でも

そうなの歯科などでは、入れ歯を作った方など全員に、

お伺いのはがきをしっかりと出して、

使い心地はいいままかどうか確認しているのです。

 

次に多い質問としては治療中に泣いている

ような患者さんには、嫌がる治療を子供はどうすればいいか

困っているというお声を聞きます。

 

それはご安心ください。

 

どんなに歯の治療を嫌がり泣き叫ぶ子供でも、

必ずおとなしく成城学園 歯科などでは

治療ができるようになる方法があるのです。


インプラント矯正歯科の歴史 by歯医者に言わせろ!へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。