HOME >> 矯正歯科・インプラントの歴史 >> 歯並びを見ていく上で矯正歯科は患者さん第一・

歯並びを見ていく上で矯正歯科は患者さん第一・

img50

 

矯正の質問に自信をもってしっかりと「Yes」と

答えられるかたは矯正歯科でも残念に思うのですが、

少ないのが現状なのです。

 

なぜなら、それは欧米人に比べて今の日本人は

顎の大きさに比べてとても歯の大きさが大きいのです。

 

その為に患者さんの多くは歯並びがとても

ガタガタとなってしまいやすいものなのです。

 

加えて、今の日本での矯正治療の普及率も

実はまだまだ低いのもこれまでの要因の一つです。

 

最近でこそ、患者さんのあいだでは「八重歯がかわいい」という

認識が成城学園前 矯正歯科でも分かるように

減ってきたものの、まだまだ

今の「芸能人になるのではないから、この子の

今の歯の歯並びはだいたいで。。いいかな」というような

ご両親はよくいらっしゃるのです。

 

どんな人でもじつは必ず歯の矯正治療を受けなくては

ならないというものではないのですが、

 

その矯正歯科でも良く思うのですが、

「だいたい並んでいる」かをしっかりとチェックする

必要はあるとおもいます。


インプラント矯正歯科の歴史 by歯医者に言わせろ!へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。