HOME >> 矯正歯科・インプラントの歴史 >> バイオフィルムを歯医者で徹底除去・

バイオフィルムを歯医者で徹底除去・

img03

 

歯の治療の時には、歯磨きの時にとても血が

多少出るのですが、それはどんな病気が

考えられるのか気になります。

 

それは、歯肉炎・歯周病の可能性があると

歯医者でも考えています。

 

お口の歯と歯ぐきのメンテナンスをしっかりとしたいのです。

 

歯医者でも症状が出ていなくてもしっかりと

診察できるのかきになります。

 

もちろん、歯垢いわゆるプラーク と歯石の除去を

行なう等して治療します。

 

 食事などの食べ物のカスについたような細菌が

患者さん等の歯の表面に汚く歯垢いわゆるプラークとなって

取りついてしますのです。

 

歯垢を口に付いたままそのままにしておくと、

そこは硬くなってしまい、歯と歯肉の間で

硬く歯石となります。

 

その硬くなった物が、歯垢や歯石の中さらには、

ムシ歯菌や汚い歯周病菌でいっぱいなのです。

 

成城学園前 歯医者でもどんどん繁殖ししまうので、

予防が必要なのです。

 

バイオフィルムという目にとても見えないバイ菌の巣を

しっかりと除去していく必要があります。

 

バイオフィルムは普段のハミガキやぐちゅぐちゅと

うがいではなかなかとれないので、

歯医者などでのクリーニングやしっかりとした

PMTCが必要となってきます。


インプラント矯正歯科の歴史 by歯医者に言わせろ!へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。