HOME >> 矯正歯科・インプラントの歴史 >> 装着中に痛むのはホワイトニングでも対処していく・

装着中に痛むのはホワイトニングでも対処していく・

img05

 

口の歯のホワイトニングでも気になるのだが、

充填物やクラウンは、歯の漂白に反応をしないのです。

 

そういったなかで、ホワイトニングジェル材は、

日の当る所をさけて熱や太陽光線に当てずに、

冷暗所又は冷蔵庫でも、冷凍はしないでください。

 

保管してくださいね。

ホワイトニングでも作製しているソフトトレーは

長期間使用できますが、それでも、熱で変形しますので、

水で洗浄してくださいね。

 

使用中に歯がしみるときは2日おきか、

歯のトレイの装着時間を短縮してみて歯の様子をみてください。

 

そういった対処をしていても歯が傷む場合は成城 ホワイトニングでも、

歯科医師がお出しする知覚過敏抑制剤の

ハミガキ使ったりしてみてください。

 

それでもだめだと、過敏用のジェルはホワイトニングジェルと

同様にホワイトニングでもだしているのですが、

ソフトトレーに注入してホワイトニング終了後40分位

装着したままでおきます。

 

そして、ホワイトニング中、一時中断しても歯の

効果は影響ありませんでの大丈夫です。


インプラント矯正歯科の歴史 by歯医者に言わせろ!へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。