HOME >> 矯正歯科・インプラントの歴史 >> 噛みあわせをみてインプラントで歯を作る・

噛みあわせをみてインプラントで歯を作る・

img10

 

現在はインプラントの技術が進んでいて、

インプラントでもそうなのですが、低侵襲で傷を殆ど付けないで

治療の見た目でも全く判別のできないような

手術の方法が出来るように今は成ったのです。

 

その分野でも、インプラントでもそうなのですが、

時代に先取りして2007年当時から治療が始められています。

 

超低侵襲のごく小さいインプラントの手術で見た目でも、

手術したことが実に分からないやり方で、

すぐに患者さんに歯が入る治療が出来るのですね。

 

もちろん、手術翌日でも痛んだり腫れたりは

本当に全くしません。

 

成城 インプラントでも驚きなのですが、それでも恐い、

と言う方の為には手術中、実はうとうとと眠って

治療をうけていただける方法もやっているところも

あるとのことなのです。

 

静脈内鎮静法では残念ですが、即時の荷重

インプラント治療は噛み合わせの状態の調整が

できませんので、採用難しいとの事なのです。


インプラント矯正歯科の歴史 by歯医者に言わせろ!へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。