HOME >> 矯正歯科・インプラントの歴史 >> 困難に立ち向かう歯科こそ歯科医・

困難に立ち向かう歯科こそ歯科医・

img0123.jpg

如何にして歯科治療のリカバリー出来るのか、

そして骨にしっかりとインプラントがくっついてしまって、

埋入位置が悪くてこれではもちろん駄目と言うのを、

できる限り患者さんにとってもオペを受ける上で楽なように

 

再治療してしっかりと差し上げられる技術が

歯科でもそうなのですが重要になって来ると思われるのです。

 

もちろん、一般的には、インプラントよりも実に大きく

一回り大きなストローのようにしっかりとした空洞のある

トレフィンバーと言うもので狛江 歯科の歯医者でも

驚きなのですがインプラント周囲の骨ごと削り取ってしまい、

取り除くのがこれまで従来の方法とされているのです。

 

ですが、この方法の大きな治療の問題は、

結構大きな穴がお口の中に開いてしまう事で、

そこにまったく直ぐには正しい歯の位置に

インプラントを再埋入するのがとても大変に困難で、

歯医者でも困難を極めるのですが、誰でもが

簡単にできるようなものなのではない、と言う事になるのです。

 

ですが、今安易にインプラントが埋入を

されているのが現状のようなのです。


インプラント矯正歯科の歴史 by歯医者に言わせろ!へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。