HOME >> 矯正歯科・インプラントの歴史 >> 裏からキレイに整える矯正歯科で行なう治療とは・

裏からキレイに整える矯正歯科で行なう治療とは・

img15

 

歯の矯正の治療でよく歯を抜くようなことが

あるみたいですけどそれは、どういったときが

一番多いのでしょうか。

 

それは、患者さんの歯の大きさとさらにはあごの

大きさがまったく合わず、歯がでこぼこがきついような

症状いわゆる八重歯、叢生の時に喜多見の矯正歯科でも

極力抜かないのですが、歯を抜いて歯のスペースを

作るような方法があります。

 

 それは、基本的には皆さんの歯を抜かずにキレイに

歯並びをさらには整えるような方法をしっかりと

最初に検討しますが、それだと、歯がとてもきつい場合には

やむお得ず歯を抜くことも検討していく場合もあります。

 

次に、歯を動かして、キレイになったその後はどうするのでしょうか。

 

たいていの矯正治療では、保定という期間を設けます。

 

歯をキレイに動かし終わったあとに、患者さんの歯の周りの骨が

キレイに固まりもとに、さらには戻らないようにすることをいうのです。

 

 この場合では多くの歯科医院でもそうなのですが、

歯の裏側に矯正の装置をつけてもちろん、

表からはわからない保定装置を装着し、様子を見ます。


インプラント矯正歯科の歴史 by歯医者に言わせろ!へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。