HOME >> 矯正歯科・インプラントの歴史 >> 歯ブラシ選びも喜多見 歯科の歯医者で専用を・

歯ブラシ選びも喜多見 歯科の歯医者で専用を・

img03

 

歯間ブラシの種類について、歯間ブラシには主に

I字型とL字型の3つの異なる形のタイプがあります。

 

I字型の物は、ネックを曲げたい角度に歯がない所にも、

自由に曲げられるため、歯間の部位に合わせてしっかりと

最適な角度で歯ブラシを使用が可能です。

 

ネックを曲げるときには歯がない所を避けてワイヤー部

のみではなく、ブラシの根元からしっかりとブラシ部分を折り曲げてくださいね。

 

次にL字型ですが、 ネックがL字になっているので、

しっかりと歯を磨くことが出来るのです。

 

臼歯部にしっかりと無理なく歯をアプローチできるような

形をしたハンドルの形状になるのです。

 

この形には、歯がない方でも初心者の方でもしっかりと

簡単にお使いいただけると思います。

 

 みなさんがご存知の歯間ブラシは

今までとは違い、喜多見で歯科や歯医者が勧める歯ブラシを

使う場所や歯ブラシを使用する歯がないようなところや、

歯間ブラシのタイプによって、まったく使い方が実はやや異なります。

 

 皆さんが、歯間部にゆっくりと歯間ブラシをしっかりと

挿入して、前後に歯がないところも数回動かすようにしてください。

 

 皆さんが使っているような歯間ブラシの根元から

まったくブラシ部分をきれいに折り曲げてくださいね。


インプラント矯正歯科の歴史 by歯医者に言わせろ!へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。